梅雨に弱い体質と出やすい症状について (H25.6)

  

体内に存在する正常な水分を東洋医学では津液(しんえき)といいます。

体内に余分な津液が増えると器官にたまって悪い働きをします。

そうした津液を【痰湿】といい、この痰湿が溜まっている人は【痰湿体質】に分類されます。

 

痰湿体質の特徴的な症状

・体が重い

・胃がつかえる

・胸苦しい

・軟便がみられる

・痰がよく出る

・おりものが多い(女性)

・ぷよぷよとした水太りである

 

 

さらに熱の性質も強い人は湿熱体質といい

下記の症状も出ます

 

・のどが渇く・湿疹や吹き出物が多い・痰や鼻水が黄色い

 

 

~普段から痰湿体質の人は、この湿度が高い梅雨時期は特に体調を崩しやすくなります~

 

自然界の正常な気候の変化には「風」「湿」「暑・火」「燥」「寒」の【六気】があり例えば夏は暑、冬は寒といったように、それぞれあらわれやすい季節が決まっています。

 正常な気候の変化であれば、それが原因で病気になることは無いのですが

夏が度を越えて暑かったり、寒いはずの冬が暖かかったり、「六気」に過不足があると六気に邪が付き「風邪」「湿邪」「湿邪」「暑邪」「火邪(熱邪)」「燥邪」「寒邪」【六邪】になります。

 

季節

長夏

(梅雨)

六気

湿

暑・火

六邪

風邪

湿邪

暑邪・火邪

燥邪

寒邪

 

ここ数年、異常気象や激しい気候の変化が気になりますね。

なんとかその変化に対応しようと、人の身体は頑張っています。しかし上手く対応できず体調を崩し、どこかに痛みが生じ、なかなか治らない…。この原因の1つとして、もしかしたら異常気象も関係しているのかもしれませんね。

 

~梅雨は「湿邪」の影響を受けやすい時期~

 

湿邪は下の方にたまる性質もあるので、むくみや関節痛は下半身にあらわれることが多いです。

また、一度とりつかれると病気が反復して完治しにくいという特徴もありますので予防をすることや、なるべく早めに処置をすることが大切です。

 

湿邪によって起こりやすい症状

 

・関節痛(腰痛、ひざ痛)

・皮膚疾患(アトピー性皮膚炎、水虫など)

・尿が出づらい 

・大便がねっとりして出にくくなる 

・むくみ 

・全身が重だるい 

・眠気

・食欲不振 、腹部膨満 

 

 

  

【痰湿体質に合った食品・湿邪の予防法】

 

ネギや生姜は発汗作用があり水分代謝を促します。特に皮の部分は利尿作用やむくみを取る作用があるため、生姜の皮も捨てずに使うと良いです。

 

しそ、らっきょう、ゆず、など香り成分のあるもの

また、のどが渇く・湿疹や吹き出物が多い・痰や鼻水が黄色いといった湿熱症状が出ている場合は涼性で利尿作用のあるうり類や白菜がおすすめです。

 

甘いもの、脂っこいもの、お酒の摂り過ぎは水分を欲し体内に湿邪を生みます。ほどほどに…

 

■痰湿体質の人は野菜は生ではなく、1度火を通したものが良いです。

 

■しっとりジワッと汗をかくような運動よりもしっかり汗が出るくらいの運動が向いています。

 

■湿気に弱い体質ですから、日当たりの良い部屋を寝室にし、布団はこまめに干しましょう。